今日は南端中学校へ

今日は日出にあります南端中学校で演奏してきました。
全校生徒は4名。教師8名の少人数ですが優しくて思いやりのある中学校です。

まず校長先生のお話から始まりました。
「…音楽を聴くというのは勉強と違って心で聴く(感じる)ことです。音楽を聴くことで皆さんの心が豊かになることを願っています」
地域の方も含め、30人ほどでしたが、アットホームなコンサートとなりました。

最後に生徒さんの指揮で校歌をみんなで歌いました。
終わった後、生徒さんの感想
「生演奏を聴いたのは初めてで、フルートに色々な大きさがあるのも初めて知りました。これからもっと楽器に興味を持ちたいと思いました」
また、今日司会を担当してくれたAちゃんの
「音楽は悲しい時、寂しい時に、そっと寄り添ってくれるものだと思っています」というのがとても私の心に響きました。
本当に良き仲間達に恵まれて幸せです。
お昼にはみーんなで給食もいただきました。
給食とか何十年ぶりかな、懐かしい…
今日のメニューは、鱧!
校長先生曰く、鱧が給食に出るのは初めてだそうですが、たまたま地産地消メニューの日とコンサートが重なるという、なんとも運の良いフルートカルテットです。
さて、このカルテット。
名前がまだありません(笑)
皆様方、なにか良いネーミングをお願いします!

※ 取材を受けましたので近々合同新聞に載ります♪ぜひご覧ください。


*****

大分フルート&オカリナ音楽教室
音楽で心豊かに、穏やかに。ただ今、無料体験募集中です。
メールフォームよりお問い合わせください
[PR]
by chiemi-tsubouchi | 2014-09-19 23:33 | 音楽 | Comments(0)
<< 大分合同新聞さん 今日も新しく >>